みなさまへのメッセージ

子どもとの関わりを知る

一覧に戻る

保護者や教員は、子どもの成長に大きな影響を与えます。
こちらに自覚がなくても子どもたちは、身近な大人と接する中で様々な事を学びとっていきます。

大人に求められている事は、常に子ども達の成長を考えながら、
その時どの様に接したらその子の為になるのかという事を意識しなければなりません。

例えば、何かが苦手な子どもがいたとします。
それに対して大人がすぐに答えを教えたり、助けてしまうとどうなるでしょう?
子どもは考える事をしなくなる、問題が起きたら放り投げる、誰かに助け貰えると期待して本気にならない、など様々な事が考えられます。
その場面はしのぐ事が出来ても、長期的に考えるとその子どもの為にはならないのではないでしょうか。

人間関係スキルの基本の基を「11講」にまとめ体験学習教材セットは生徒から社会人までの広範囲の活用が可能です。


現場でこんなお悩みはありませんか?

子どもたちが人間関係について学ぶ教材が欲しい。
子どもとの関わり方がわからない。

導入事例のご紹介

クライアント
PTA保護者会
実施プログラム
「はなす、きく、みる」ワーク
参加者さまからの声より
➢ 保護者会の際に、クラス担任と保護者の方々で、グループワークをすることで、教員⇔保護者、保護者⇔保護者の繋がりが強まり、以降の教室運営をスムーズに進める事が出来ました。
また問題が起きた時に、保護者の方からもアイデアを頂いたりして、とても助かりました。(小学校 教諭)

➢ PTAの集まりの際に、「はなす、きく、みる」というワークを実施しました。普段何気なく行っているこれらの事が、実際には表面的な部分になっている事に気づいた。これから子どもと関わる中でしっかりと向き合いたい。 (小学生 保護者)

おすすめする研修プログラム

お問い合わせはこちら

どんなに小さなご質問でもよろこんでお伺いいたします!お気軽にお問い合わせください!
また、ご希望の場合は当社ファシリテーターがお客さまに最適なプログラムをご提案させていただきます。

株式会社プレスタイム
(電話受付時間:109時~17時 土日祝除く)
フリーダイヤル 0120-033796
tel:03-3409-1031
fax:03-3409-1032

お問い合わせフォーム

一覧へ戻る