• ホーム
  • 会社紹介:私たちの取り組み

私たちの取り組み

わたしたちの取り組み

People to People

「ピープル トゥ ピープル(People to People)」は、世界中の人々が自分たちの文化や価値観を大切にしながらも、他者の文化や価値観の違いを認めあい理解しあいながら平和に協働することを願った言葉です。
今私たちに必要なのは、世界中の「人々と人々」が出会い語りあい手を取りあって一歩ずつ一歩ずつ『希望』に向かって歩み続けることだと思います。
プレスタイムでは、この『People to People』をスローガンに、以下の4つの領域に向かって、一歩ずつ一歩ずつ歩み続けています。

人間関係

人間関係づくり

友好な人間関係は、相手に何かをしてやるとか、して貰うということではありません。
お互いがお互いを『思いやる心』が源泉です。
今、相手を思いやっているか否か、常に心に問いかけることが大切です。

体験学習

体験学習

ラボラトリー体験学習は、「私は何者なのか?」という自分の本質と「私はどのように生きたらよいか?」という生き方の方法を追求する学習方法です。そのためには、自分を飾らずに『素直で積極的』に参加し、「皆と共に」学びあうことが望まれます。

ファシリテーター

ファシリテーター

ファシリテーターは、一人ひとりを支援し、成長を促す役割です。単に議事・会議の進行(ファシリテーション)を行う役割とは違います。『中立的・客観的な観察眼』と『人間に対する温かさ』がなければファシリテーターは担えません。

メンター

メンター・メンタリング

メンターは、仕事や人生の良き手本となる人ですが、『優しさと厳しさ』を正直に出せないとメンタリングはできません。普段から正直であることが求められます。それは他人の手本になることは、自分にとっても大きな成長をもたらせます。

ページトップへ