メンター

07
Mentor

メンターの育成、メンタリングの指導、メンター制度の導入の解説・サポートメニューをお伝えします。

INDEX

メンター/メンタリングとは

MENTOR

メンターとは

人間的に信頼でき、公私ともに安心して相談できる人

メンターは、一般に支援者と訳されることが多いですが、プレスタイムでは、上記のように定義しています。わかりやすく言えば、「信頼できる人」「何でも相談できる人」です。

メンターに求められるもの

  1. メンティーの話しやすい雰囲気をつくること
  2. メンティーの気持ちを通じ合わせて聴くこと
  3. 自分の経験や考え、気持ちなどを、素直に話すこと
  4. 自分と異なる意見や考えを前向きに受け容れること

MENTORING

メンタリングとは

メンターとメンティーが、楽しみながら自由に対話し、共に成長すること

メンタリングは、お互いに自由なテーマでのびのびと対話をし、メンティーのみならずメンターも共に成長する場です。

メンタリングの効果

  1. 自分をふりかえり、相手の体験を聴くことで、今後キャリアを思い描く
  2. 悩みや課題を相談することで、その解決へのヒントを得る
  3. 信頼関係を育めるコミュニケーション能力の向上
  4. 相互に情報や考え、意見を交換することにより、職務能力が向上する

メンター/メンタリングが求められている背景

1.自由なコミュニケーションが取りにくい職場
効率が求められる多忙の職場では、いわゆる雑談がしにくい状況があります。加えて、プライバシー保護、ハラスメントへの恐れなどもあり、自由におおらかに話せる機会が少なくなっています。悩みや分からないことを気軽に相談できるメンターは貴重な存在です。

2.将来像が描きにくい現状
一企業でキャリアを終える職業人が多かった時代に比べ、いろいろな仕事に挑戦しやすい世の中になりました。それは、自らが主体的に将来像を考える必要があることを意味します。場合によっては、企業の枠を超え、生活・人生も併せてキャリアを描く必要も出てきます。様々なテーマでザックバランに話せる人生の先輩(メンター)が必要とされるのです。

メンター制度

メンター制度:メンタリングを、組織が設定した目的を踏まえ、効果的に実施する仕組み

メンター制度の導入は、それほど複雑ではありません。
しかし、効果的な運営を失敗している組織が多いことも事実です。
メンター制度の場合、メンターとメンティーがあまり知り合っていないケースが多いです。
2人の“信頼関係を育む”ような制度の構築・運用が最大のポイントです。

メンター制度の施策

1.目的を明確化する

新入社員定着・女性活躍支援、リーダー・マネージャーの育成・メンタルヘルス対策などメンター制度には、様々な効果があります。制度導入にあたっては、その目的を明確に設定する必要があります。

2.メンターとメンティーを選定する

目的に合わせ、メンターとメンティーを選定します。その方法は、指名・推薦・応募などが考えられます。どれがいいのかは、組織風土や目的により違います。

3.期間・回数を決める

期間は、半年~1年間が多いです。回数は、月1回60分ほどです。一般に、メンティーが年少であるほど、期間が長く、回数も頻繁に設定されます。中堅以上のメンティーの場合、数か月に1回のメンタリングも実施されています。

4.組織への周知と浸透

大切なポイントです。メンター制度はその効果や考え方を理解することが難しいです。説明会などを開くなどして、周知を徹底します。あやふやな形での制度導入は、失敗する確率が高めます。

5.当該者への教育

教育研修も大切なポイントです。メンタリングの行い方、考え方、スキルを理解しないと、意味のない雑談で終わってしまいます。実施時期、受講対象など様々考えられますが、実施は不可欠です。

6.モニタリング

効果的に実施されているかを確認・分析することです。実施法は、アンケートやヒアリングなどがあります。特に、社員定着が目的の場合は必須です。

   

メンター制度の企業への導入は、社員育成および活躍支援を目的として、
日本国内では、 1990年代後半より始まりました。
現在では、新入社員の組織定着を目的として導入している企業が多いです。
厚生労働省もその導入をバックアップしています

メンター制度無料説明会開催中!

ご導入を検討されている方、見直したい方、お気軽にご参加ください!

各社の事例・質疑応答

メンター制度導入・見直しのポイント

体験によるメンタリングの理解

無料説明会の日程・申込み
メンター制度無料説明会

説明会後、個別相談も承ります!

講師派遣

メンターが、メンタリングのやり方や考え方を理解しないまま、
メンタリングを行っても上手くいくはずはありません。
メンティーにとっては、よく知らないメンターとメンタリングを行うことに不安があるはずです。
その上司もメンタリングに対する理解が不足していては、メンター制度はうまく機能しません。
メンター制度導入の成功のためには、当該者・関係者の教育研修は必要不可欠です。

メンタリング研修プログラム

メンター制度では、2人の信頼関係を育むことが最大のポイントです。メンターとメンティーが共に参加する研修は、メンタリングを円滑に始められ、制度を通して信頼関係を深めます。現在では、主流の研修スタイルとなっています。

メンタリング・スタート研修

メンタリング・スタート研修

2人のメンタリング・信頼構築の
スタートです。
メンタリングの考え方・やり方を2人で共に学びます。特に、新入社員がメンティーの場合など、初めて出会うペアにとって、スムーズにメンタリングがスタートできる最適な研修プログラムです。

講師派遣料:150,000円(税抜)より/2時間~

メンタリング・フォロー研修

メンタリング・フォロー研修

メンタリングを効果的にするために
レベルアップします。
メンタリングを始めると、上手くいかないペアや間違った方向に向かうペアが出てきます。フォロー研修で、その軌道修正をしたり、スキル向上を図ったりします。また、ペアの状況チェックの機会にもなります。

講師派遣料:150,000円(税抜)より/2時間~

メンタリング・エンディング研修

メンタリング・エンディング研修

メンター制度の締めくくり研修
新たなペアの出発です。
メンター制度の締めくくりとして実施します。信頼関係の深まったペアの成長はこれからが本番と言えます。これまでをふりかえり、2人の新たな旅たちの準備をします。

講師派遣料:150,000円(税抜)より/2時間~

メンター育成研修プログラム

メンター制度の成功のためのポイントは、何といってもメンターの質です。しかし、組織内にコミュニケーション能力が高く、実績も性格も申し分のない社員は、それほど多くないのが現実です。「メンターは育成する」ことが現実的な方法であり、多くの組織はそうしています。ここでは、ベーシックな「メンター養成研修」と一クラス上のメンターを目指す「メンターシップ研修」を紹介します。これ以外でも、各組織のご要望や状況に合わせたプログラムもデザインいたします。

メンター養成研修

メンター養成研修

信頼関係をつくる
コミュニケーション・スキルを学ぶ。
話しやすい雰囲気をつくる、自分のことを素直に伝える、異なる意見を前向きに受け容れる等、「信頼関係をつくる」コミュニケーション・スキルを学習します。

講師派遣料:20,000円(税抜)より/4時間~

メンターシップ研修

メンターシップ研修

一クラス上のメンターを目指します。
リーダーにも必要なセンスです。
相手を開放させ得るセンス 、言葉の意味だけではなく相手の立場や価値観まで確認するセンスなど 『4つの包容力』を身に付け、一クラス上のるメンターを目指します。リーダー・マネージャーにも必要不可欠なセンスです。

講師派遣料:400,000円(税抜)より/6時間

コンサルティング

メンター制度自体は、それ程、複雑な制度ではありません。しかし、適切な制度設計、制度の考え方の浸透、メンタリング教育、モニタリング(調査・分析)などを徹底しなければ、制度の目的達成はなかなか難しいでしょう。メンター制度の目的である「社員定着」や「リーダー育成」、「組織風土改善」などが急務の企業には、実績あるコンサルタントの恒常的な指導をお勧めします。

コンサルティングのステップ

01

委員会の設立

メンター制度の構築・運営では、この委員会が中心的な役割を担います。人事・教育部門はもちろん、現場をよく理解しているスタッフ、権限のある役員などの参加が望もしいです。

委員会の設立

02

制度構築

弊社コンサルタントが中心となり、若手社員や現場リーダーなどから、ヒアリングを中心に現場を調査し、課題を検討します。その後、委員会と共に、メンター制度を構築します。

制度構築

03

説明会の開催

メンター制度構築後、組織の上層部に対し、メンター制度の目的や概要、スケジュールを説明します。また、メンタリングを理解し、その考え方を浸透させるためには、メンタリングワークを体験することもとても効果的です。

説明会の開催

04

研修の実施

メンター養成研修、スタート研修、フォロー研修など、メンタリングを効果的に進めるためには、該当者への教育は必要不可欠です。目的や状況によっては、上長に対して、コミュニケーション研修やマネジメント研修の実施も視野に入れます。

研修の実施

05

委員会の運営

メンター制度コンサルティングの中核です。『社員定着』や『リーダー育成』などの目的を達成するためには、委員会のメンバーとともに、該当者および現場の状況を常にウォッチし、情報を共有します。問題が垣間見られたら、早めに対応することが大切です。

委員会の運営

06

モニタリング(調査・分析)

制度期間中、半年に1回は、大規模な調査が必要です。該当者、関係者を対象に、アンケートやヒアリングを実施します。その情報を分析し、場合によっては、大きく制度の見直しが必要となる場合があります。

モニタリング

07

その他の施策

当初の目的達成のためには、メンター制度の運用を広げていく必要性も出てきます。その他の研修や人事制度へのコンサルティングもお任せください。

その他の施策

初回コンサルティング 無料

ご導入を検討されている方、見直したい方、お気軽にご参加ください!

実情に合わせ、懇切丁寧にご相談に乗ります!

目的・状況・予算により、どこまでのコンサルティングが適切なのか、ご要望に合わせ、コンサルティング計画を作成いたします。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

メンタリング教材

いずれの教材も、1999年より多くの企業・団体に対し、メンター養成、メンタリング指導、メンター制度コンサルティングをしてきたノウハウが詰まったものです。メンタリング・ツールとしても、研修テキストとしても活用できる教材です。

関連教材

MENTORING to GROWTH
新入社員版

MENTORING to GROWTH新入社員版

新入社員定着にメンタリングは必須! 新入社員定着のためにメンター制度が、各社で導入されています。その効果は厚生労働省も認めています。当教材は、メンターと新入社員が信頼関係をつくり、メンタリングを円滑に効果的に進めます。

¥5,000(税抜)/冊
※10冊以上からのご購入になります。

関連教材

MENTORING to GROWTH
基本版

MENTORING to GROWTH基本版

どの階層にも対応したメンタリング教材 各階層に関係なく活用できるメンタリング・ノートです。誰にも必要なコミュニケーション・スキルに焦点をあてています。進行DVDもありますので、誰でも安心してメンタリングが進められます。

¥5,000(税抜)/冊
※10冊以上からのご購入になります。

進行DVD…¥50,000(税抜)/セット

関連教材

MENTORING to GROWTH
リーダー・マネージャー版

MENTORING to GROWTHリーダー・マネージャー版

人間味のあるリーダーになるために! リーダー・マネージャーを育成するためのメンタリング教材です。よいリーダーになるための王道は、何といっても人間性を高めることです。メンタリングで、ざっくばらんに話せる魅力を携えてください。

¥5,000(税抜)/冊
※10冊以上からのご購入になります。

関連セミナー

メンタリング/メンター/メンター制度の理解を深め、具体的なノウハウを習得するセミナーをご案内します。

社内講師の方へ

メンター研修講師養成講座
 

メンター研修講師養成講座

メンター研修が実施できます メンターを養成する研修が実施できるための講座です。メンタリングノート『MENTORING to GROWTH』を活用した内容となっており、講師未経験者でも、効果的に実施できる内容となっています。

100,000円(税抜)/1日間・1名
※実施マニュアル・進行DVD付

メンタリング関連講座

『ティール組織+メンタリング』
ワークショップ

『ティール組織+メンタリング』ワークショップ

話題のティール組織の理解・実感します! 組織の硬直化、社員の早期退職など、現在の組織の課題は深刻です。『ティール組織』は、社員一人ひとりが生き生きと働く組織のあり方です。そこには、上記課題の解決のヒントがあります。メンタリングワークを用いて理解・実感するセミナーです。

参加費:50,000円(税抜)/1名

無料体験会

企業内メンター制度導入説明会
 

企業内メンター制度導入説明会

メンタリングの効果を実感できます! メンター制度は様々な効果が期待できる制度です。しかし、不適切な運営により、期待外れに終わる例も少なくありません。それはメンタリングの良さを実感していないことが原因です。MENTORING to GROWTHで、その素晴らしさを実感してください。

3時間 参加費:無料