TOPICS

メンタリングで信頼関係を育む

新型コロナウイルス感染症の影響により、世界中の社会・経済が
大変な事態になっています。
先が見えず不安な気持ちが大きくなっている方も多いと思います。

今年4月に入社したばかりの新入社員の不安は相当なものでしょう。
このような状況下では、誰しも、誰かとコミュニケーションをとって
気持ちを落ち着けたいと思うのも当然です。

感染拡大防止のため、通常勤務が難しい企業様が多く見受けられます。
また、テレワークをする方も多くなりました。職場で、メンバーと共に
働いていた方にとっては、かなり勝手が違うと感じているのではない
でしょうか。テレワークをされている方から、業務を進めるうえで
「メンバーとのコミュニケーションが取りづらい」という話をよく伺います。

このような状況だからこそ、プレスタイムは
「オンラインでのメンタリング」を推奨しています。

web会議アプリケーション(Zoom、Skype、LINE、Teamsなど)を用いて、
メンタリング(自由な対話)をしてみませんか。
メンタリングは不安を減らし、心を晴れやかにしてくれます。
また、メンタリングをすることによって、コミュニケーションが
密になる「ベース」が生まれ、業務の効率アップを促します。

■ コミュニケーションをとりたい!

先が見通せない状況のなかで、「誰かとコミュニケーションをしたい」
という声をよく耳にします。本来、人はコミュニケーションをしなければ、
生きていけない社会的動物です。当然といえば、当然なのでしょう。


では、なぜいま、よりコミュニケーションが渇望されているのでしょうか。
それは、「安らぎたい」「希望を見出したい」の2点に集約されると考えられます。

1.安らぎたい
・誰かの顔を見たり、声を聴いたりしてホッとしたい
・気持ちを分かち合うことで、不安や悩みを和らげたい
・とりとめのない話を聴いてもらいたい
・生活や仕事など様々な情報を共有し安心したい

2.希望を見出したい
・誰かの話を聴いて思いをめぐらせたい
・話し合うことで何かの気づきを持ちたい
・自分のアイデアやプランを伝え、意見を聞いてみたい
・話し合うことで、何か前向きな気持ちになりたい

■ 職場に潜む「会話の少なさ」

近頃の職場では、「ちょっとした会話」や「雑談」を
おざなりにしてしまう風潮があるように感じます。
人によっては無駄と感じている人もいるでしょう。

人が何かに集中できる時間は90分までと言われています。
就業時間中、全ての時間をわき目も振らずに仕事に集中することはありえません。
ちょっとした雑談も交えながら仕事の共有をする、といったことが普通です。


ですから、1人で長時間テレワークを続けることは
なかなか難しかったり、生産性が落ちたりすることもあるわけです。

それはテレワークをしていない、これまでの職場でも同じことです。
雑談が少ない環境では、気がつかないうちに、
仕事が辛かったり、やりにくく感じていたりするかも知れません。


テレワークは、気軽なコミュニケーションのありがたさを、
改めて感じる良い機会なのではないでしょうか。


■ 教材活用で効果的なメンタリングを

メンタリングは、「自由で、素直なコミュニケーション」です。
職場でそういった場はなかなか持ちにくいかもしれません。
テレワークをしている期間はなおさら至難の業です。

プレスタイムは、メンタリングを楽しくスムーズに進められる教材を提供しています。
教材を活用してのオンライン・メンタリングであれば、
テレワーク中のコミュニケーションのハードルはグッと低くなります。


「MENTORING to GROWTH」は
メンターとメンティの“信頼関係”を深めながら、
メンタリングを円滑に実施するための
ノートです。シチュエーションに分けて

基本版
新入社員版
リーダー・マネージャー版

という3つのバージョンがあります。
1ヶ月間をふりかえり、素直に自分の思いや気持ちを話せるよう工夫され、
回を進めるごとに2人の信頼関係が深められるよう設計されています。

さらに、これらのノートに加えて、新たに
MENTORING to GROWTH スマホ版
が登場しました。

スマホ版は、
メンターとメンティが
自然に自由なメンタリングが楽しめることはもちろん、
制度担当者は、メンター制度の実施状況などを把握することもできますので、
テレワークが進む時代にマッチした支援ツールです。

気軽なコミュニケーションがとりづらいいま、
ご紹介したツールを使い、職場の活性化へ繋げませんか?

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

いつでも、どこでもオンラインで