BLOG

「ファシリテーター認定講座  <マスターコース>のご案内

**************************************
「ファシリテーター認定講座
      <マスターコース>とは?」

**************************************

プレスタイムの開催するファシリテーター講座の最終ステップの講座です。
研修ファシリテーターとして、会議ファシリテーターとして、組織のファシリテーター(リーダー・マネージャーなど)として、
そのあり方を参加メンバーと意見交換し、深く考察していく場となります。

コミュニケーションやリーダーシップなど、ヒューマンスキルを考えるワークを通して、
受講者がファシリテーター役を交代して行い、ファシリテーターとしてのスキル・スタンスを磨きながら、
自分なりのファシリテーター像を見出していきます。

【「ファシリテーター講座 マスターコース」で取り上げるテーマ】

1.ヒューマンスキル

コミュニケーション、リーダーシップ等のヒューマンスキルは、ファシリテーターの
ベースです。当講座では、ファシリテーターとして、グループワークやミーティング
などの企画・実施、または、メンバーとしてのワークなどの参加を通して、さらに1
クラス上のヒューマンスキルを学ぶ場となります。

2.ファシリテータースキル

ねらいの考え方・設定の仕方、テーマやワーク等の内容のデザイン、コミュニケーシ
ョンの促し方、メンバーへの介入の考え方・やり方等、ファシリテーターのスキルを
実践的に学びます。また、合宿形式の講座なので、お客様との対応や研修・会議の場
での、失敗談やウラ話、ちょっとしたコツなど、普段では聞けないプロファシリテー
ターとの会話も、当講座の一番の“ウリ”かもしれません。

3.フィードバック

研修・会議・チーム活動のファシリテーターのやり方・ありかたを、複数のプレスタ
イム・プロファシリテーターより、その場でフィードバック・指導が受けられます。
また、学び合う仲間が、メンバーとして参加し、ファシリテーター振りは、もちろん
、「何を得られたのか?」などの成果も伝えられます。学び合う仲間からのフィード
バックは、本当に参考になるものです。

 

コロナ前には毎年静岡県伊豆にて実施していました。(前名称:「アドバンストコース」)
今年は数年ぶりに埼玉県にて三泊四日で開催を決定いたしました。

 

写真はコロナ前に静岡県で実施した際の研修のようすです。

 

 

3泊4日で各々の課題に向き合い、取り組み、フィードバックをもらいながら学習を繰り返します。
1年に1回のプレスタイム・ファシリテーターの最終ステップの当講座、ぜひ、ご参加ください!

現在ホームページを整備中ですので、ご興味がある方・ご質問は問い合わせフォーム/電話でお気軽にお問い合わせください!

★問い合わせフォーム

**************************************************

 

※「ヒューマンスキルコース」または、「研修ファシリテーター認定講座」(各研修プログラム実施ライセンス取得講座を含む)の
いずれかを受講された方のための講座です。当講座の受講後に、「プレスタイム・ファシリテーター認定証」を授与いたします。

 

『”ノムさん”のメンタリング日記』第3回

※下にスクロールしていただくと、第一回から順を追ってお読みいただけます!※

*******************************************

『”ノムさん”のメンタリング日記』第3回

********************************************

42歳の新入社員となって半月を経た。
この間、弊社が主催している説明会や体験会への出席、研修への同行を通じて、
メンタリングやファシリテーションについておぼろげながら理解が進んでくると同時に、
その奥深さを徐々に感じ始めている今日この頃である。

第3回目は、本日記のバナーにある私の似顔絵の作者でもある、古澤さんをメンター役としてメンタリングを行った。
MtoGに表示された今回の内容は、

①メンタリング天気図(プライベート編)
②メンタリング天気図 (仕事・職場編)
③ワンポイント解説 「自己開示について」
④事後報告で
ある。

早速、いつも通りお互いにさわやかな挨拶を交わすと、
自ずと気持ちをオープンにしてメンタリングに向かう準備が整うようになってきたのを感じる。

 

例によってメンター役の古澤さんから最近1か月のプライベートであった出来後を、
メンタリング天気図の理由とともにお話をいただき、メンティー役の私が後に続いてお話をした。

普段から古澤さんには新入社員の私に対して、すでに何年も一緒に働いているかの如く
非常に自然体で接していただいているが、メンタリングの際も同様で、
おかげさまで私自身も自分の一見他愛もない、由なしごとを気負わずに言葉にすることができた。
そうしていくうちに自分が新生活で抱えていた、無意識の緊張感や戸惑いなどを言葉として発することができたと思う。
ちなみに、本日記を定期的な連載としてHPに掲載するのを発案したのは古澤さんであるが、
企画したものががすぐさま形になるのもプレスタイムの社風であるようだ。

 

  ⇒ 

快く写真撮影と似顔絵掲載にOK出してもらえてありがたいです・・

 

続いて仕事・職場についても同様にメンター役・メンティー役交互にメンタリング天気図を用いながらお話をしていく。
今回3回目のメンタリングであるが、メンタリングを重ねるごとに自分の中でも気持ちに変化が生じていることに気づく。

直近一か月の公私における出来事をメンタリング毎に、メンター役に対して話をしているが、
一見同じような内容の話であるが、時間や場所が変われば気持ちに変化もあるだろう。
話すことにより今までとりとめのなかった自分の気持ちや考えがだんだんと一つに収束するようになってきたのを感じる。
とりとめのない話を繰り返しすることによって大げさではあるが、今後どのように生きていくかの指針が定まったようにも思えてきた。

そこに至るには、起承転結を意識して時間内にしっかり伝わるように話さなければ、
とか、ボキャブラリー豊かに話さなければ、といった話すうえでの特別なスキルは必須ではない。
(もちろん、上手に話せればそれはそれで素晴らしいことである)

先ず自分の素直な気持ちを言葉にすることが肝要であり、そのためにはどんな些末な話にも耳を傾けてくれるという
安心感を持ったメンターの存在も不可欠である。
また、安心感にはやはり適切な自己開示が欠かせない。
MtoGのワンポイント解説には、以下のように記されている。

 

「「自己開示」とは、自分の気持ちや思いを素直に伝えることです。
そのことが、恥ずかしい人もいると思います。できる範囲で、少しずつ開示していけばいいのです。
メンタリングで大切な自己開示は自分の気持ちを伝えることです。」

 

まずは気負わず、自分の素直な気持ちを相手に伝えることが自己開示につながり、
ひいては相手も心を開いてくれることにつながる、ということを肝に銘じて、
メンタリングを楽しんでいきたいと考えている今日この頃である。

 

~おわり~

(第4回メンタリング日記は近日公開予定!)

*******************************************************************************

メンター制度やメンタリングについて

※画像をクリック!

 

また、日本メンター協会と共催で、月に2回開催「メンター制度無料説明会」を開催中です。
メンター制度の基本から、その運用、事例、参加者によるメンタリング体験などもあり、
大変人気の説明会です。

ぜひ、ご参加をお待ちしております!

★メンター制度無料説明会詳細&お申込

 

 

*******************************************************************************

『MENTORING to GROWTH オンライン版』とは?

 

この度「ノムさん」と社員によるメンタリングに活用している『MENTORING to GROWTH オンライン版』は、
担当者様がメンタリングの状況を、PCで一括管理できるオンライン・ツールです。

※ ↓詳細はクリック!

 

※画像をクリック

 

若い社員中心に、対面によるコミュニケーションに苦手意識が増大しているようで、
メンタリング的なコミュニケーションが今職場に求められています。

ガイドに従い、 Zoom、Teamsなどの会議アプリを併用すれば、
遠隔地同士のペアでも、テレワーク中でも、メンタリングが可能なツールです。

また、担当者のPCには、ペアのメンタリング状況(進行状況・時間・満足度など)が反映されるので、
楽に管理することができます。

 

********************************************************************************

 

 

【2月】『「ファシリテーターが組織に求められる理由」』(講師:新井)

『今、組織内に「ファシリテーター」というあり方が求められている』という話をしたいと思います。

※ファシリテーター:一般的には、グループの雰囲気やメンバーの気持ちを察し、
研修の学びや会議の議事進行を有意義に促進する(容易にする、手助けする)役割の人

今後、人手不足がますます深刻化する中、その対策の1つが『「ファシリテーター」
というあり方の組織内への浸透』だと思っています。

人は誰でも、その職場で、安心して充実した時間を過ごしたいと考えていますし、成長したいと願っています。
つまり、働きやすさと働きがいのある職場で、自らの成長を実感できる職場で時間を過ごしたいと考えていると、
私は感じています。
そのような職場づくりに寄与するものが、「ファシリテーター」としてのあり方だと考えている訳です。

*********************************************************

「ファシリテーター」とは、相手や場を知り、相手や場が求めるものを促進する役割であり、その在り方を実践する人のことです。
メンバーやグループの動機づけや学びにつながる雰囲気作りもそれにあたります。
ここで特に取り上げたいのが「話しやすい雰囲気を促進する」意味での「ファシリテーター」としてのあり方です。
話しやすい雰囲気を作ることが、自他やメンバー同士のコミュニケーションを活発にすると考えているからです。

————————————————————————————–

★組織でマネジメントやリーダーの立場にある方が、「ファシリテーター」としてのあり方を身に着け実践することで・・

・メンバーは、自分自身のコミュニケーションのあり方を学び、
題に対する取り組み方や自分自身の課題に気づき、キャリアアップにつながることを実感できます。

・これは、マネジメントやリーダーとメンバーとのコミュニケーションの活性化に繋がりますし、
人間関係の強化にもつながります。メンバーは、このリーダーについていきたい、
この人ともっと仕事をしたいと感じるかもしれません。

★研修講師の立場であれば、「ファシリテーター」としてのあり方を身に着けることで・・

・受講生がリラックスし自然体で臨める、受講生が主役の研修の場を提供できるようになります。

・受講生と会場が一体感をもって主体的に学ぶ場を促進することもできます。
受講生の自分に対する考えの変容に繋がる可能性もあります。

————————————————————————————–

組織でマネジメントやリーダーの立場にある方は、部下やメンバーに対してどんな思いで相対すればよいのか。
研修講師の方、学校の教師の方は、受講者や学生に対して、どんな意識でどう対応すればよいのか。
職場の働きやすさと働きがいのある場をどのように作ればよいのか

今は、組織(職場)内においても、人材育成のあり方においても、
これまで以上に「ファシリテーター」としてのあり方が求められていくのだと感じています。
「組織の人間として、何に目を向け、どうあればよいのか」という「問い」に向き合うことが求められていくのだと思います。

今年10月に、4年ぶりに【ファシリテーター認定講座マスターコース(合宿講座)】が開催されます。
「人として、マネジメントやリーダーとして、どうあればよいのか」、
「研修講師として、受講生とどう向き合えばよいのか」という「問い」に、じっくりと体験を通じて向き合うことができます。
3.5日間、楽しく参加でき、「ファシリテーター」のあり方を肌感覚で実感を持ちながら学ぶことができます。

 

 

 

マスターコース(旧:アドバンストコース)参加の新井(中央)です。
楽しそうです。

 

 

 

会場は、都心の喧騒から一歩離れた浦和の別所沼公園ほとりにある瀟洒なホテルで、開催する予定です。
是非、皆さんもご参加ください。

 

~最後までお読みいただき、ありがとうございました!~

★今月のコラム担当・新井のご紹介はこちらから!

 

※当講座のHPでのご案内は現在整備中です。ご質問・お問合せはご遠慮なくプレスタイム社まで!

 

『”ノムさん”のメンタリング日記』第2回

※下にスクロールしていただくと、第一回から順を追ってお読みいただけます!※

*******************************************

『”ノムさん”のメンタリング日記』第2回

********************************************

42歳の新入社員となって2週間が経過した。

「人間関係を学び・育む」を社是としているだけあって、職場の諸先輩方からさりげない声掛けや
心遣いをいただいているのをひしひしと感じている。

シンプルに言えば、会社に行くのが楽しい。

まだまだ慣れない業務の中、もっと疲弊していてもよいものであるが、毎朝東銀座の駅に降り立つ足取りは明らかに軽やかである。
(体重も120キロから若干軽くなり現在118キロに減少)
そんな中、豊田さんをメンター役として、第2回目のメンタリングを行った。

*************************************************

豊田さんは私と親子ほど年の離れている大先輩であるが、今まで老若男女問わず幾多の人々導いてきたプロメンターだけに、
その太陽の似合うエネルギッシュなお姿も相まってすでに何か引き寄せられるものを感じる。

例によって、「MtoGオンライン版」を開き、お互いにさわやかな挨拶から、メンタリングを開始した。

本日の内容は・・
①より知り合おう
②メンタリング天気図(プライベート編)
③メンタリングポイント「共感的コミュニケーション」
④事後報告
である。

先ず、①より知り合おう、である。
先日歓迎会をいただいた際の鯨飲を通じて大分自己開示が進んだ感があるが、改めてお互いのことをより知ろう、
という目的のもと、思い出(入社時・学生時代・幼少時から1つ選択)についてお互いに話をする。

その際、メンティー側からメンターに話してもらいたい思い出を指定できるため、
私はメンターである豊田さんに学生時代の思い出話をリクエストした。
弊社のHP上の講師紹介にもある通り、ライフセーバー界のオーソリティでもあり、私自身、一度ゆっくりとお話を伺いたいと思っていた。

 

ライフセービングとの出会いから、現在に至るまで海とともに生きていること、
高校生の頃は実はカウボーイにあこがれていたことなど、
よりパーソナリティーに関わる深いお話を伺い、その人柄に触れまた一段と距離が近くなったのを感じる。

 

そのままメンティー側である私の思い出話となるが、この2週間、豊田さんが講師の研修会に同行する機会が複数回あり、
私の剣道やウエイトトレーニングといった趣味に関わる話はすでにしていたため、
過去に在籍していた職場も含め、「入社の思い出」についてお話をすることとした。

今まで現職含め4社経験しているが、新卒、その次に第二新卒で入社した会社では、
一般的な集合型の研修、入社式を経て、配属の発表、その後任地へ移動というものであった。
また、前職ではある程度キャリアを重ねての入社、配属であったために、職場に直接赴き、
挨拶もそこそこに業務に従事するという感じであった。

これから一緒に働く職場の上司や同僚とのアイスブレイクを図る間もなかったし、それが当たり前だと思っていた。

 

プレスタイムではどうであったか。

一番社歴の近い山川さんが企画した、お互いにコミュニケーションをとりながらグループで課題を遂行していく
「歓迎ワーク」を、新入社員を含む社員全員で行い、
会社が扱っているサービスに対する基本的な理解とアイスブレイクを同時に行うという、
人材育成・研修を生業とする会社ならではの歓迎に感激を禁じ得なかった。

歓迎ワークの結果発表・・大変盛り上がりました。

 

その思いを伝えた際には、豊田さんの2倍は時間が過ぎていただろうか。
メンターから醸し出される傾聴の姿勢にすっかり甘えてしまった格好となる。
ひとしきり話し終えた私に、豊田さんから、「ようこそ、プレスタイムへ」の一言に何とも言えない安堵感を覚えた。

 

続いて、②のメンタリング天気図(プライベート編)である。
これには先週子供2人が剣道の道場に連れて行ったあと体調を崩してしまい、
連休中は家族そろって安静にしていたこともあり、「曇り」をつけた。
すでにかなり胸襟を開いてお話ができる状態になっていることもあり、
メンティー役の私からその理由をお話しし、その後メンター役の豊田さんの天気図についてのお話を聞く。

 

豊田さんは快活とした様子からもわかるが、「快晴」。
最近は海だけではなくウオーキングにも勤しんでいること、奥様と一緒されることもあることなどを伺い、
なんだかこちらまでほんのりと心が明るくなる感じがした。

 

その後、メンタリングのポイント「共感的コミュニケーション」についてMtoGの画面を用いて確認し、
事後の振り返りを行った際にはすでに予定の時間を10分ほどオーバーしていた。
我ながらよく話したものであるし、豊田さんのこともより深く知ることができたと思う。

 

最近、「心理的安全性」という言葉をよく耳にする。

詳しくはエイミー・C・エドモンドソンの著作(『恐れのない組織』)をご参照いただければ幸甚であるが、
職場において高いパフォーマンスを発揮するためには、お互いのことを理解し、
なんでも安心して話し合える人間関係のある職場であることが重要であることに異を唱える方は少ないと思う。

 

職場の悩みの大部分は実は人間関係であるなどという話もある。
心理的安全性の高い職場づくりにメンタリングは非常に有効な手立てであると実感した次第である。

 

★今回のメンター:豊田の紹介はこちらからご覧いただけます★

~おわり~

(第3回メンタリング日記は近日公開予定!)

*******************************************************************************

メンター制度やメンタリングについて

※画像をクリック!

 

また、日本メンター協会と共催で、月に2回開催「メンター制度無料説明会」を開催中です。
メンター制度の基本から、その運用、事例、参加者によるメンタリング体験などもあり、
大変人気の説明会です。

ぜひ、ご参加をお待ちしております!

★メンター制度無料説明会詳細&お申込

 

 

*******************************************************************************

『MENTORING to GROWTH オンライン版』とは?

 

この度「ノムさん」と社員によるメンタリングに活用している『MENTORING to GROWTH オンライン版』は、
担当者様がメンタリングの状況を、PCで一括管理できるオンライン・ツールです。

※ ↓詳細はクリック!

 

※画像をクリック

 

若い社員中心に、対面によるコミュニケーションに苦手意識が増大しているようで、
メンタリング的なコミュニケーションが今職場に求められています。

ガイドに従い、 Zoom、Teamsなどの会議アプリを併用すれば、
遠隔地同士のペアでも、テレワーク中でも、メンタリングが可能なツールです。

また、担当者のPCには、ペアのメンタリング状況(進行状況・時間・満足度など)が反映されるので、
楽に管理することができます。

 

********************************************************************************

 

 

『”ノムさん”のメンタリング日記』第1回

2024年、プレスタイムに中途入社でやってきた「ノムさん」こと、野村さんが、
人生で初めて”メンタリング”を体験します。ツールは「MENTORING to GROWTH オンライン版」
オンラインでメンタリングの進行状況などが把握できる、
スマートフォンやPCを使ってメンタリングをするツールです。

これから全8回、先輩社員たちと持ち回りでメンタリングをしていく上で感じたこと・思ったことなど、
素直な感想を「日記」にして掲載していきます。

 

********************************************

第1回:「ノムさん」のメンタリング日記

********************************************

42歳の新入社員となって3日目、はじめてメンタリングを受けることとなった。

社会人となって20年を迎えると、1対1での面談の類となると、考課か賞罰ぐらいなものである。
今回は「メンティー」として諸先輩方に持ち回りでお時間を頂戴するわけだが、
「メンティー」って中年男には似つかわしくないかわいらしい響きだな、などという不届きな思いを抱きつつ、
東京では2年ぶりの積雪の中、第一回目のメンター役の山川さんとMENTORING  to GROWTH(以下M to G)
を使用しながらリモートでのメンタリングが始まった。

 

すでに数日前に山川さんとは杯を交わしていたが、
メンティー、メンターの間柄であらためてM to Gを介しての対話を行うこととなる。

 

先ず、M to Gのイルカちゃんより以下のポイントに注意してあいさつから始めてください、と促される。

・笑顔で明るい声であいさつする
・相手の目を見てから、あいさつする
・あいさつの後、「元気そうだね」「いい天気だね」など、一言付け加える

 

人との信頼関係構築の第一歩はやはり明るい挨拶からなのだということを再認識する。
その後、お互いを知るためのワークに入っていくが、てっきりメンティーである私から話すものだと思っていたら、
最初にメンター役である山川さんから話をする、という順番だったのが印象的であった。

メンティの立場にある人間が先に話し、それを受けてメンターが話しをするという
ある種の主従関係があるものだと私は誤認をしていたようだ。
確かに、メンターの側から自己開示をされれば、メンティーも相手の人柄などが判ったうえで安心して話せる。

すでに山川さんについて、ご出身や今までのキャリアについてある程度存じ上げていたが、
メンタリングで改めてお話をいただき、なんとプロ雀士の資格をお持ちであるのを初めて伺った。
さわやかな好青年然としたお姿からは想像できない、勝負師としての側面を垣間見たようで、ますます親しみがわいた。
こういった意外性やギャップの発見もメンタリングの醍醐味なのかもしれない。

 

オンライン・メンタリングの様子。
何やら社用PCが小さく見えます・・。

 

今度はメンティ役である私から自分のことについて話す順番となった。
今まで講演や研修など、少なからず人前で話すことを業務としてきたが、
案外自分のことを開示するとなるとうまく言葉が浮かんでこない。
加えて相手に自分の何を知ってもらいたいかを整理することだけで一苦労であったが、
ここでメンターが言葉一つ一つにポジティブなレスポンスを細かく返してくださり、心地よく話すことができた。

 

続いてメンタリング天気図を用いてのパートに入る。
一週間の仕事や職場での出来事をメンター、メンティーの順で晴天から雷雨の1つを選択し、
その理由とともに発表しあうワークを行った。
一週間のことを整理してうまく話すスキルを磨く、というたぐいのものではなく、
あくまでもメンティーの気持ちに寄り添ってメンターが傾聴してくれるというスタンスであるということを理解したが、
これがまた、なかなか難儀であった。

中堅社員の年代となると、知らず知らずのうちに、自分の気持ちを開示することを職場の同僚にも、
もしかしたら家族にもしないようになっていたようだ。

しかしながら、こうしてメンターとの対話を通じて、より自分を理解してもらえるのは
中途入社の立場からすれば非常にありがたい。
新入社員や若手社員の離職防止としてメンタリング制度を導入する企業が増えてきているというが、
中途採用の社員も職場とのミスマッチや既存の社員となじめないために、短期間で離職してしまうなどという話もよく耳にする。

適切なメンター・メンティーの関係が築ければ、その抑止になるのではないかと思った次第である。

~おわり~

(第2回メンタリング日記は近日公開予定!)

*******************************************************************************

メンター制度やメンタリングについて

※画像をクリック!

 

また、日本メンター協会と共催で、月に2回開催「メンター制度無料説明会」を開催中です。
メンター制度の基本から、その運用、事例、参加者によるメンタリング体験などもあり、
大変人気の説明会です。

ぜひ、ご参加をお待ちしております!

★メンター制度無料説明会詳細&お申込

 

 

*******************************************************************************

『MENTORING to GROWTH オンライン版』とは?

 

この度「ノムさん」と社員によるメンタリングに活用している『MENTORING to GROWTH オンライン版』は、
担当者様がメンタリングの状況を、PCで一括管理できるオンライン・ツールです。

※ ↓詳細はクリック!

 

※画像をクリック

 

若い社員中心に、対面によるコミュニケーションに苦手意識が増大しているようで、
メンタリング的なコミュニケーションが今職場に求められています。

ガイドに従い、 Zoom、Teamsなどの会議アプリを併用すれば、
遠隔地同士のペアでも、テレワーク中でも、メンタリングが可能なツールです。

また、担当者のPCには、ペアのメンタリング状況(進行状況・時間・満足度など)が反映されるので、
楽に管理することができます。

 

********************************************************************************

 

 

【1月】「『推し』に教わったもの」(代表:藤田)

突然ですが、私には『推し』がいます。
そして『推し』のおかげでこの歳(5?歳)になっても友人が増えています。
一人で『推し』を推している時間も尊いのですが、同じ『推し』を推す彼らと『推し』について語り、
騒いでいる時間はとても楽しい時間です。

さらには同じ『推し』を推している彼らのおかげで知らなかったものに触れる機会や印象の変化が起きる機会があり、
この時間も有意義なものです。

*******************************

彼らとは同じ『推し』を推す一方で、『推し』へのルーツはバラバラです。
私は“RockやMetal(洋楽)が好き”ということから『推し』に至っていますが、
“邦Rockが好き”から至る人、“アイドルが好き”から至る人もいます。

『推し』と出逢ってもいない昔の私がこの方々と出会っていたら、おそらくは距離を置き、一緒に飲みに行くことも、
そのバンドやアイドルの曲を聴いたり映像を観たりすることもなかったと思います。
逆に、私を通じてはじめて触れたアーティストがいるという方も、中にはいらっしゃるようです。

と言ってもそれぞれが好きなものすべてを好ましく思っているわけではありません。
一緒に飲みながら、好みか好みでないかに関わらず、色んな曲にお互い耳を傾けながらやりとりしているだけです。
その空間が落ち着きます。
受け入れることを強制されることもなく、自分の好みを拒否されるわけでもなく・・
その最中に稀に「いいかも」とか「なんだこれ?」とか感情が動くものに触れた時はわくわくします。

 

こういった体験を積み重ねると
「あー、これまで結構勿体ないことしていたなぁ」と実感します。

なので、ここ数年は大みそかに家族にテレビを占有され、
某歌合戦を観ることが苦ではなくなっています。

 

 

ちなみに「アジフライは醤油派です」と言うと「私はウスターソース!」とか
好みの調味料を出し合うことありませんか?
その時に「醤油!?それはない!ない!!絶対ない!!!ソース一択!」とか言う方で、
醤油で食べたことがないのにそのように言う方、たまにいませんか?

そんな人も、“勿体ないこと”をしているかもしれませんね。
(私は昔々、「ケチャップをかける」ことを頑なに拒否してしまっていました・・)

 

~最後までお読みいただき、ありがとうございました!~

★今月のコラム担当・藤田の<代表メッセージ>はこちらから!

 

 

******************************************************

新入社員を”自発力”のある社員に成長させるプログラム
~フライングカー・コーポレーション~のご案内

******************************************************

 

ブロックやカードを使い、チームで課題を達成していく「フライングカー・コーポレーション」は、
他にはない独自の新入社員研修プログラムです。

1部から4部まで、一つのストーリーに沿って進行していくので、自然に同期との仲間意識も生まれ、
課題をひとつひとつ達成する過程で、以下のように新入社員を成長させていきます。

 

 

★やるべき仕事を認識・整理できるようになる

 

★自分から進んでコミュニケーションを取るようになる

 

★相手を思いやる、実践的なビジネスマナーが身につく

 

★仕事の素晴らしさ楽しさを実感できる

 

★チームで協力して課題に挑戦し、同期の結束が強まる

 

4月4日・5日(木・金)の「FCC合同研修」はまだまだご参加申込受付中!

1社1名様からお申込できますので、
採用が少ない企業様でも、このプログラムをご受講いただくことができます。

ぜひ、ご検討ください!

★FCC合同研修の詳細はこちらをクリック

【12月】職場にコミュニケーションがあるということ(古澤)

2023年を振り返って、仕事の中で一番心に響いた言葉は「場づくり」という言葉です。
人間関係を作る土壌を表す、とてもぴったりな言葉だと思ったからです。

今回、 「職場における場づくり」について、今までのことを振り返りながら考えた時、
ある会社のお昼休みのことを思い出しました。

 

以前勤めていたその会社は、一人の先輩女性を中心に、お昼休みになると女性社員は
「必ず」「社内の同じ場所に移動して」「終了時間まで」「全員一緒に輪になって」
お昼ごはんを食べなくてはいけないという習慣がありました。
もちろん毎日で、例外はありません。

 

働いていた当時は、なぜ昼休みまで自由な言動ができず拘束されなくてはいけないのか分からず、
私を含めその時間をネガティブにとらえていた人も、少なくありませんでした。
しかし、今回改めて振り返ってみた時、あれはその先輩女性なりの、
職場でのコミュニケーションを増やしたいという想いから出た「場づくり」の一端であったのかもしれない、と思い至りました。

だとしたら、意図した結果にならず、「場づくり」は失敗であったということになります。
では、どうすればよかったのでしょう。

一言でいうと、「場づくり」とは、“その場にいる人が居心地のよい場をつくること”ではないでしょうか。

・会議の場なら、それぞれのメンバーの様子を鑑み、発言を自然な形で促す
・雑談なら、適切な話題を選び、楽しい雰囲気を作る

 

これらの大切な共通点は、「相手(メンバー)を思いやる一定の配慮」ではないかと思うのです。
この部分が疎かなまま、時間や場所のような表面だけを整えてしまったことが、
このお昼休みの場づくりの失敗になったのではないでしょうか。

 

職場にコミュニケーションがあるということは、

・普段からコミュニケーションを取っていると、「良い関係」が築きやすい
⇒よい関係が築かれると、仕事の協力や理解が得やすい
⇒周りからの協力や理解が得られていると、仕事の効率も上がる

・・など、ひいては仕事を進める上でも大きなメリットがあるのです。

 

「場づくり」は、一人が担う者ではなく、その場の全員が少しずつ意識して作っていけるものでもあります。
その会社にいた当時、その意識が私にあれば、もう少しそのお昼休みを有意義な時間に変えるお手伝いができたかもしれません。

一度、職場をぐるっと見回し、今のコミュニケーションの在り方はどうであるか、考えてみませんか?
そして、今の「場」が居心地のよい場になっているか、
そうでなければ、これからどんな風に「場づくり」をしていけばいいのか、
考えてみるのもいいかもしれません。

 

来年も、そんな皆様のお役にたてるよう頑張って参りたいと思います。
2023年もお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

———————————————————————————

2/21(水)「ミーティングスキル講座」
2/27(火)「コミュニケーション講座」は、どちらもオンライン開催です!

———————————————————————————-

どちらの講座でも、複数のグループワークを行います。
その場の自らの体験から学びを得るという「ラボラトリー体験学習」という学習法で進められるので、
コミュニケーション・スキルやリーダーシップなどの”ヒューマンスキル”において、座学のような形式の講座より、
より大切なこと、必要なことに気づいて学ぶことができます。
ぜひ、ご参加ください!

【11月】『猫と”相性”について』(講師:梶原)

我が家には、2匹の猫がいます。1匹は白黒のオス猫で、“ダイズ(大豆)”と言います。
もう1匹はこげ茶のトラ模様のメス猫で、“アズキ(小豆)”と言います。
両方とも臆病で、人懐こい方ではありません。
お客さんが来ると、物陰にサッと隠れてしまいます。
今では、家族では、私と細君には馴れていますが、私の父親には、あまり馴れません。
少し前まででは、父親を見かけるとすぐに逃げたほどです。

**********************************************************************

猫と人にも相性があるのでしょうか。
以前、飼っていたメスの猫は、とても人懐こい猫で、16年以上も生きたのですが、最後まで父親には馴れませんでした。
父親の足音が聞こえるだけで、「シャー」と毛を逆立てる程です。
その猫が小さいころ、部屋のカーペットに爪とぎして、父親がえらく怒ったことがあり、
それをずっと根に持っていたということが、我が家では定説でした。
しかし、そんな猫でも、父親が餌をやるときは、足にスリスリしてくるそうで、結構現金な猫でした。

我が家には、長女夫婦がいて、長女には、2匹ともそこそこ慣れているのですが、婿殿には馴れていません。
婿殿はいい人で、留守番の時は、猫に餌やりをよくしてくれてます。
本人も猫は好きなので、喜々として餌やりをするのですが、アズキ(メスのトラ猫)から、「シャー」の反撃を食らうそうです。
かわいそうだと思うのですが、婿殿は、実は、猫アレルギー持っていて、アズキもそれを感じて、「シャー」をするのかなと思ったりもします。

 

よくよく考えてみると、猫との相性のいい人って、笑顔でよく話しかける性質のような気がします。
というのも、父親は、人間に対しては、比較的愛想はいいのですが、猫にはそうでもありません。
婿殿はいい人なんだけど、表情はあまり出ないタイプです。

細君や長女は、愛想がよかったり、話が面白かったりします。
2人とも、コミュニケーションスキルが高いと言えば、そっちの方かなと思います。

 

 

16年生きた猫は、私に一番懐いていました。また、アズキも私に一番懐いています。(細君の方が一番だという説もあります。)
ということは、私のコミュニケーション能力高さを、2匹の猫に認めてもらえているのかなと、一人ほくそ笑んでおります。

 

~最後までお読みいただき、ありがとうございました!~

★当コラム担当・梶原もいます。プレスタイム・ファシリテーター紹介はこちらから!

****************************************************************

現在、梶原が担当している【ファシリテーター認定講座】は全部で以下の4講座です!
※担当講師は変更する場合があります。ご了承ください。

①『コミュニケーション講座』

開催日:2024/2/27(火) ・2024/5/09(木)・2024/7/17(水) ※以降も開催があります。
会 場:株式会社プレスタイム・セミナールーム
参加費:1名/8,800円(税込)

【概要】
“ファシリテーター”への入門講座です。
3つのコミュニケーション・ワークを通して、基本のスタンスを学びます。
詳細はこちらから
お申込はこちらから

 

②『リーダーシップ講座』

 開催日:2024/5/28(火)・2024/9/06(金)・2024/12/17(火) ※以降も開催があります。
会 場:株式会社プレスタイム・セミナールーム
参加費:1名/12,100円(税込)

【概要】
ファシリテーターとは、リーダーシップをメンバーに発揮させ、自らも発揮することが重要です。
当講座では「実施グループ」と「観察グループ」に分かれてワークを実施し、学びに繋げます。

詳細はこちらから
★お申込はこちらから

 

③『ミーティングスキル講座』

 開催日:2024/2/21(水) ・2024/6/18(火)・2024/9/06(金) ※以降も開催があります。
会 場:株式会社プレスタイム・セミナールーム
参加費:1名/12,100円(税込)

【概要】
”話し合うワーク”を行い、ミーティングの進め方のポイントを習得すると同時に、
全メンバーの合意(コンセンサス)を導くためのスキルも学びます。

詳細はこちらから
★お申込はこちらから

 

④『研修ファシリテーター認定講座』

 開催日:2024/1/11(木)~12(金) ・2024/5/29(水)・2024/5/30(木) ※以降も開催があります。
会 場:株式会社プレスタイム・セミナールーム
参加費:1名/110,000円(税込)  ※研修マニュアル『Try!コミュニケーション』付

【概要】
研修マニュアル『Try!コミュニケーション』を用いて、参加者が実際に講師役、受講生役を体験しながら、様々なコミュニケーションを学び、
講師ファシリテーターとして必要不可欠な基本スキルを実践的に身に付けます。

詳細はこちらから
★お申込はこちらから

 

 

 

【10月】『価値観の違い』と「向き合い方」について(講師:豊田)

11月になると言う「今」、まだまだ暑さが続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
個人的ではありますが、私は「暑さ」が大好物なので、このまま寒くない天候が続けばと思っています。
とは言え、日本の四季は、世界に類を見ない環境であり「美しさ」があるように感じます。
ですから、日本人の心の奥底には「真善美」と言う『価値観』が存在しているように思います。
特に「秋」には、特別な「美しさ」を感じるのではないでしょうか。
**********************************************************************

そこで今回は、「美」と言う『価値観』を感じる前に、『価値観』そのもののお話しをさせていただきます。

『価値観』とは、一人ひとりが正しいと考える、信念や原則であり、それは、それぞれの生きてきた経験や教育などによって
形成されています。ですから、経験が広く深まることで「変化」してきますし、誰かや何かとの出逢いによっても変わっていくことです。
そして、私たちが生きている世界は「今」現在です。それぞれが「今」持っている『価値観』の中で生きているのです。
その『価値観』は、時に言葉を変えて現れます。
「先入観」や「固定観念」場合によっては「常識」と言った言葉に置き換えられて、私たちの前に現れます。

厄介なことです。

例えば、上司の『価値観』と自分の『価値観』が違っていると、こんなことが起こります。
上司は「最近の若い者は…常識がない」、部下は「また始まったよ過去の自慢話」というように、
それぞれの『価値観』を盾にしてコミュニケーションをとっている(コミュニケーションが取れていない)。
これは、お互いの『価値観』をわかちあうことも無く、
それぞれの「先入観」による解釈で、「常識」と言う言葉に置き換えたり、勝手な「先入観」で解釈してしまうことなのです。
無論多くの場合、この二人には、そもそも「信頼関係」がないことから始まっています。
もし、二人の関係性に「信頼」があれば、お互いに相手を尊重し向き合うことで、

それぞれの話しの意図が見えてくるはずなのに…。

では、どうしたら「信頼関係」が育まれるのか?
それこそが『価値観』の共有であり、それぞれが「お互い様(フラット)」の気持ちで向き合うことが大切なのです。

そのためには、自分自身の考えや思い(『価値観』)を「自己開示」して、お互いにその『価値観』を「受容」することが必要です。

そして、仕事もそうですが、何か事を進める上で、お互いの『価値観』を共有しすり合わせ、
事の一つひとつに「基準」や「規範」を創り上げることで、「関係性」は「信頼関係」へと進化し、

「自己肯定感」も高まり、気けば職場は「心理的安全性」の場が出来上がってきたと感じることになるのです。

先ずは、その第一歩として、11月になる「今」、遅れてはいるものの、紅葉が見頃を迎えます。

 ※戸外でリラックス中の豊田です。

「真善美」と言う『価値観』の一つ「美」を、ご家族、ご友人あるいは会社やサークル活動の仲間と共に、
近くの公園に散歩に出かけ、色とりどりの紅葉を堪能し、「共有」してみてはいかがでしょう。
その時、改めて自分自身の『価値観』に向き合うことで、きっと何かを感じることでしょう。
そこに、一人ひとりの一生や「多様性」があることを改めて実感出来ることを楽しんでみませんか。

それがまた、貴方の経験となり『価値観』に変化を与え、一人ひとりの成長を実感することでしょう。

~最後までお読みいただき、ありがとうございました!~

★当コラム担当・豊田もいます。プレスタイム・ファシリテーター紹介はこちらから!

****************************************************************

★豊田が得意なプログラム「ダッシュオアダウン」はご存知ですか?

砂漠のレースに参加するため、チームを作り、出資者を募り、地図を作り、車を作り・・
アクティブで楽しく、そしてその課題をクリアするたびに、様々なビジネスシーンで必要な
”リテラシー”を学んでいきます!

⇒ 「ダッシュオアダウン」詳細はこちらをクリック

*************************************************************

※当コラムは毎月発行されているメールマガジンより抜粋したものを載せております。
配信をご希望の方はぜひご登録ください!

★メールマガジン登録フォーム
http://presstime.co.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=melmaga

**************************************************************

【9月】”反応”のありがたさ(講師:山川)

みなさんこんにちは。
昨年12月に入社したプレスタイムで最も若手の山川です。

最近は会社や業務にも少しずつ慣れてきて、入社したばかりの緊張感は今ではほとんど無くなりました。
個人的な考えですが、プレスタイムで働く人は自己開示が得意な人が多いと思います。
そのおかげで、彼らの人間性がなんとな~く分かり、それが職場の安心感にも繋がっている気がしています(笑)

さて、話は変わりますが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがたいことに、最近私山川も様々な研修や体験会(説明会)で登壇し、
皆様の前に立ってお話しさせていただく機会が出てきました。

そのとき素直に感じたこと、それは、、、

「うなづいてくれるの、嬉しいなあ~」

私の脳内のセリフをそのまま書きました。笑

やっぱりうなづいてくれたり、笑みを浮かべてくれたり、何か反応を示してくれると、
その方とのコミュニケーションが上手く取れている気がします。
そんな方を見ると、私も”安心して”話をすることができました。

また、こんなこともありました。

とある友人たちと久しぶりに再会し、お互いの近況についてお酒を飲みながら話す機会がありました。
私が話すターンになって、「プレスタイムの仕事」について少し話をしたら、

「あ~ちょっと想像つくかも!」

「どれくらいの人数で仕事してるの?」

など友人たちから様々な反応がありました。
私も気持ち良くなって、次から次へと言葉が出てきました。

そして話題は休日の話に変わりました。
私も先ほどの「仕事」の話と同じテンションで「趣味」の「麻雀」の話をしました。
すると彼らからの反応は、、、

「ふ~ん」

でした。。。

急に私に”不安な気持ち”が押し寄せてきました。

「この話題は辞めておけばよかったかなあ、、、」
と思いながら、結局、話は短めにして終わらせました。

相手の「反応」によってこんなにも自身の「気持ち」が変わるのかと、
私が身を以て体験したお話しでした。

 

 

 

 

(確かに慣れてきたようです・・。)

 

 

 

 

プレスタイムでは、

「必要不可欠なコミュニケーションのポイント」

をファシリテーター講座にてご案内しております。
今回、私の体験した「反応」についてもそうですが、その他様々なコミュニケーションのポイントについて
実際にワークを体験しながら学んでいただける講座となっております。
ご興味のある方は是非参加されることをオススメいたします!

~最後までお読みいただき、ありがとうございました!~

★当コラム担当・山川はいません・・が(勉強中なので)、プレスタイム・ファシリテーター紹介はこちらから

 

★山川紹介の「ファシリテーター講座」は、集合型でもオンラインでも開催中です!
参加者同士のグループワークの体験からコミュニケーションやリーダーシップ、ミーティングスキルなどを
学べる他にはない講座になっています!ぜひご参加ください!

⇒ 講座詳細はこちらをクリック

*************************************************************

※当コラムは毎月発行されているメールマガジンより抜粋したものを載せております。
配信をご希望の方はぜひご登録ください!

★メールマガジン登録フォーム
http://presstime.co.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=melmaga

**************************************************************