BLOG

フライングカー・コーポレーション体験会の日程が決まりました!

「暑いですね~」
「日差しが強くなってきましたね」

という挨拶から一日を始めることが多くなってきました。
来るべき夏の暑さに戦々恐々としながら、毎朝出勤しています。

さて、まだ6月、梅雨のさなかではありますが
最近9月から11月のセミナー日程が決定しましたので
この場を借りて、ささっとご紹介します。

決まったのは、新入社員研修プログラム「フライングカー・コーポレーション」の
体験会の日程です。

・09/20(金)
・10/09(水)
・11/01(金)
・11/20(水)

と上の日程で体験会を開催します。(12月も開催予定です)

「フライングカー・コーポレーション」は、
企業活動シミュレーションのできる、ストーリー仕立ての研修プログラムです。
体験会では、新入社員の方が夢中で、あるいは必死で取り組む
ブロックを使ったパートを実施します。

*プログラムの詳細はこちらからどうぞ

わたしが新入社員の頃は、そんな先の日程まで決めてしまうのか…!!と
衝撃を受けましたが、すでにこのあたりのお申込もちらほら入っています。

何事も前もっての用意が大事ということでしょうか。
体験会の準備はもちろん、夏の暑さ・紫外線対策の準備も怠ってはいけない、
気を引き締めて6月を過ごそう、そう思いました。

鈴木

ホームページのリニューアルから早半年・・

こんにちは。
本日のブログ当番の古澤です。

今日は営業のみなさんがおらず、たいへん静かな社内でこのブログを打っています。

体験会や講座でにぎわっている声が一日中響いている日もあれば、
本日のように空調の音とPCのキーボードを打っている音と、残っている社員の
独り言がたまーに聞こえるだけ・・な日もあります。

もちろん、電話も来ます!
営業中なので、どんどんお問い合わせが欲しいところですが、
こんな日は電話も少なめなような・・。
お問い合わせ・お申込み、お待ちしております!

さて、今日は何を書こうかな、と思ってふとカレンダーをみてましたら、
なんとこのプレスタイムのホームページがリニューアルして、ちょうど半年だということに
気が付きました。

正確な所が知りたいと過去のメールボックスからヒントを探した所、
WEB制作会社の方から、「リニューアル作業完了しました」とメールが届いたのが
2018年11月27日(火)の、なんと夜中の3時でした!

打ち合わせに次ぐ打ち合わせ・・校正に次ぐ校正・・
ホームページに載せる写真撮影とその後の膨大な枚数からの写真の選定・・。

1からホームページを作り上げるって、なんて手間と時間と気力を使うのかと、
社員一同、思い知った制作期間でした。

あれから半年経ちましたが、上々に稼働中です。

訪れてくださった皆様が「おっ」とか「へー」とか言いながら、ホームページ内をうろうろし、
プレスタイムの様々なプログラムや商品に興味をもってくだされば嬉しいです。

 

 

最後に、プログラムの紹介等で撮影した写真の中から、お蔵入りのカットを一枚・・
決して遊んでいるわけではありません。

 

どのプログラムの説明カットでの撮影風景か、お分かりになりますか??
色々な要素の盛り込まれた、チャレンジングで盛り上がる研修プログラム。
ご興味ある方は、ぜひお問い合わせください!

 

 

 

 

 

答え⇒「ダッシュ オア ダウン」でした★
https://presstime.co.jp/program/dod/
↑プログラム詳細はこちらから!

~体験会も開催中です!~

令和元年もよろしくお願いいたします。

こんにちは。

長いと思っていたゴールデンウィークはあっという間に過ぎ去り、
気が付いたら会社が始まった感じです。
そして!令和元年がついにスタートしましたね。

弊社の書類が基本的に西暦表記のため、
わたしは新元号「令和」を使いたくてうずうずしています。

1月は新年、4月は新年度、5月は新元号、と
2019年はおめでたい気分が長続きして嬉しくなります。
元となった万葉集の歌も、春の訪れをよろこぶ内容だそうですね。

そして!来週5/20は令和最初の「体験学習体験会」です。
3つのワークを1日で色々体験できるので、とてもおすすめですよ。

5月以降も体験会は随時開催していますので、
「バスは待ってくれない」(https://presstime.co.jp/program/bus/)や
「匠の里」(https://presstime.co.jp/program/takumi/)など

気になるプログラムがありましたら、
お気軽にご参加お待ちしています。

以上、新元号をたくさん書けて満足な鈴木でした。

「バスは待ってくれない」の魅力を語ってみました

こんにちは。

ここ数日、東京は暑い日が続いていますね。
弊社はビルの6階にあり、熱が上がってくるのか外より暑かったりします。
このブログを書いている今現在も・・・かなり暑いです!

 

さて、最近、体験学習セット「バスは待ってくれない」のご注文を多くいただいております。

 

 

 

 

この「バスは待ってくれない」は、カードを使ったグループワーク実習で、
私が入社して初めてプレスタイム社の体験学習に触れた最初のワークでもあり、
少なからず愛着がある商品です。(いえ、どれも愛着ありますが!)

初めての「バスは待ってくれない」は、「ここに来たからには、まずはこれをやらなきゃね!」
といった感じで、弊社セミナールームで、社内メンバーとともに始めました。

メンバーの中には講師もいるので、今思えばみなさん私をフォローしながらの
ワークだったのだと思います。

 

が、そんなこと全く気が付かず、無我夢中。

 

確か制限時間やルールの説明も本番さながらに受けてのスタートだったはずなのに、
制限時間があることすら忘れ、一度も時計を確認せずに、
終了の声かけで初めて我に返る始末でした。

そして終わったあとは・・

私のルール違反ギリギリの行動を、アレはアウトでしょー(笑)と、ワイワイ言われ・・

終わった後は、「私に対してのふりかえり」で、ヤイヤイ言われ・・

自分がどんなに我を忘れて取り組んでいたのか、帰りの電車で恥ずかしくなった記憶があります。

 

でも、この「ラボラトリー体験学習」と言われているグループワークの学習法が、
「気づきの学習」と言わているその意味は、しっかり理解できたような気がしました。

 

・「チームで時間内に完成させる」という課題を意識できずに進んでいた自分
・情報で頭がいっぱいになると思考停止して他のメンバーの判断に委ねていた自分
・それでも不慣れな中で自分の意見はしっかりと伝えられていた自分

 

反省点や自分の「褒められた点」などを後でふりかえり、それによって気づくことができる、
「頭で理解する」のではなく、「体験して学びにつなげる」(しかも楽しみながら!)
ことが実際どんなことなのか、実感できた日でした。

 

これはぜひ、ご体験いただけたら!と思います。

 

無料体験会は毎月開催していますので、気になる「体験学習」のワークがございましたら、
ぜひお申込みいただければと思います。

きっと「仕事で体験会に来た」ということも忘れて熱中していただけると思います。

そしてそんな皆さんの楽しそうで賑やかな声を壁越しに聞いて、私もいつもとても楽しくなって
しまうのでした。

 

 

以上、思い出して熱くなってしまった古澤でした。

新入社員研修がスタートしました!

いよいよ東京は桜が散ってしまいました。
会社の近くには、青南小学校や根津美術館、少し足を延ばせば青山霊園など、
お花見スポットがあちこちにあります。

この春は天気の良い日がつづいたので、少し早く家を出て
樹々を見上げながら出勤しました。

さて、蕾がほころぶ3月末は、
セミナールームが研修教材置き場となっていました。

(余談ですが、社内ではこの状況を「FCC出荷場」「FCC工場」「白箱の海」など
色んな名前で呼んでいます)

※FCC…新入社員研修教材「フライングカー・コーポレーション」の略です

そして4月、プレスタイムは怒涛の研修期間に突入です!

社員は、講師として全国を飛び回ります。
FCCの教材も各社に発送され、
セミナールーム・オフィスともに少しさみしくなるこの頃です。

ですが、「FCC公開セミナー」が開催している今日4/10は、
研修を受けに新入社員の方がたくさんご来社し
特別にぎやかな一日でした。

とても真剣に取り組んでいて
同じくFCCを受けたわたしとしては、とても嬉しかったです。

つい夢中になってしまうんですよね。
楽しいし、難しいしで。

今日はしっかり休んで、また明日からどうぞ頑張ってください!

鈴木

『ティール組織+メンタリング』ワークショップのご報告

こんにちは。

本日の東京は、ビックリするくらい暖かい日になりました。
春、ですね。

 

今回は先日開催しました『ティール組織+メンタリング』ワークショップのご報告をちらっと

させていただこうかと思います。

 

開催は13:00からでしたが、受付時間前から続々とセミナールームにお集まりいただき、

大変スムーズな開催となりました。

 

この度のワークショップは、ワークと嘉村賢州さんの講義が交互に構成されており、

講義はみなさん真剣に・ワークはワイワイガヤガヤと盛り上りながら、メリハリのある

ワークショップになりました!

 

まず、始めはブロックを使ったワークをしました。

アイスブレークとして、また、このワークで組織活動の疑似体験をしていただこうという狙いです。

 

 

ブロックを使ったワークはとても楽しいものですが、実はなかなか難しく奥が深いです。

(ちなみに私は先週社内3名で取り組んでみましたが、完成に至らず悔しい思いをしました・・。)

 

そして、嘉村さんの講義。

『前半だけ記録で入りますね~』と言ってカメラ片手にセミナールームに消えていった社員が

いつまでたっても帰ってこず、痺れを切らして(ウソです、ウソですよ)見に行ったら・・

・・・隅でガッツリ座ってメモを取っていました・・・。

 

結局その日は戻らず最後まで講義を堪能。

 

面白く、そしてとても分かりやすい!

 

 

ある社員も、

”何でも話し合える職場=気持ちが通じ合える職場であり、プレスタイムが進める

コミュニケーション(情報と気もちが通じ合う)スキルが、ティール組織的な職場作りに有効だと

改めて実感することができた”

と、隣で興奮気味に話をしてくれました。

 

 

講義もワークも順調に進み、時間いっぱいまで使ったワークショップ。

 

ご参加の皆様からは・・・

 

『ワークショップは盛りだくさんな内容でした。

ティール組織のコンセプトについて理解でき、とても良い機会になりました』

 

『嘉村さんの説明が程よくくだかれていて、初心者の自分にも入りやすかったです。』

 

『説明とワークのバランスが良く、改めて価値観の多様性を知ることができました』

 

などなど、嬉しい感想をいただきました。

 

今回の好評にお応えして、また6月に開催予定となりました。

これはスタッフとしても嬉しいかぎり。

 

詳細が決定次第、ホームページやツイッタ―(https://twitter.com/presstime1975)などで

お知らせいたします。

 

それまでどうぞ、楽しみにお待ちください!

 

プレスタイムまでの道案内【最短ルート編】

こんにちは。
知らない場所へ行くときはGoogle Mapを片時も離せない鈴木です。

最近はスマートフォンのおかげで、
初めての場所へもついっと行けるようになりました。

プレスタイムのHPにもGoogle Mapのリンクが貼ってあります。

便利ですよね。

しかし正直な話、スマートフォンを使っても
簡単には目的地に辿り着けないことはままあります。
加えて、弊社までの道のりは「駅直結!徒歩1分!」というわけでもありません。

そこで、今回は表参道駅からプレスタイムまでの最短ルートを、写真も交えてご案内します。

スタートは地下鉄駅構内からです。
「B1」出口から駅を出ます。

※ちなみに「B3」出口はエスカレーター・エレベーターがあります。
今回は最短ルートでのご案内ということで割愛しますが、
ここからも弊社に行くことができます。

〈B1から地上へ出る様子〉

階段が若干狭いのでご注意を!

B1出口を出たら直進です。

左にMax Maraというブランドのショーウィンドウが見えてきます。

 

さらに進み「南青山五丁目」という交差点を渡ります。


赤い矢印の通り、交差点を渡った後はすぐ左に曲がります。

あとはひたすら「骨董通り」を直進です。

 

しばらく進むと、通りの右手にファミリーマートが見えてきます。

まだまだ進みます。

もっと歩くと、同じく右手にセブンイレブンがあります。

さらに進みましょう。

 

さて、しばらく歩くと「南青山六丁目」という交差点に差し掛かります。

横断歩道の斜め向かいには、「青山ごはん亭」という看板が見える場所です。

〈右端の黄色い看板が「青山ごはん亭」です〉

目的地はもうすぐそこです。

「青山ごはん亭」を左手に見ながら横断歩道を渡りましょう。

右側2軒目のビルまで進みましょう。

無事到着です!

「南青山三樹ビル」の6階がプレスタイムになります。

ここまでお疲れ様でした。

 

ちなみに地上へ出てからビルの入口まで、私の足で986歩でした。

ご参考までに。

鈴木

「ティール組織」対談動画のご紹介 第2弾

こんにちは。前回の鈴木から代わって今回は古澤が担当します。

 

さて、猛威を奮っていたインフルエンザですが、どうやらピークが終わったようですね。

とりあえず一安心しました。

 

でも夏になるまでは油断は禁物!と(以前5月に罹ったことがあり・・)肝に銘じて、

通勤電車は往復マスクを外さず、会社に着いたら席につく前にまず手洗い

(もしくは愛用の除菌ジェル)を欠かさず、このまま絶対乗り切りたい!と思っています。

 

今回は『ティール組織 対談動画のご案内』第二弾です。

 

第3回と第4回をざっくりご案内したいと思います。

 

第3回『実在する「ティール組織」の事例』(https://youtu.be/7e0GZhmL8tc

効率を求めず利用者にやれるだけやってあげよう、という代表者の改革が、利用者、ひいては

従業員満足度にも結び付いたという、オランダのある企業の事例を紹介してくださっています。

 

第4回『この考え方が日本で注目される理由』(https://youtu.be/BYt4XwGvaw4

 

世界35万部売れている『ティール組織』。

 

でも著者のフレデリック・ラルー氏本人も驚くくらい、日本での発行部数は尋常ではないそうです。

 

日本の働き方・企業の在り方の現状から、『ティール組織』のベースとなった理論も踏まえ、

嘉村さんから見た「なぜ日本で?」の理由を、聞くことができます。

 

興味深いお話になっておりますので、ぜひご覧になってください。

 

さて、嘉村さんが講師を務めるワークショップ(3/18開催・日本メンター協会共催)も

まだお席がございます。

詳細はこちら!:https://presstime.co.jp/op_seminar/teal_workshop/

ぜひぜひ、参加お待ちしております!

「ティール組織」対談動画のご紹介

あっという間に1月が終わりましたね。

今月は、月のはじめが週末だったこともあってか、気が付いたら2月が始まっていたという感じです。

さて、話は変わりますが

プレスタイムがYouTubeのチャンネルを持っていることを皆さん知っていますか?

 

https://www.youtube.com/channel/UC6nEta_5m8Ml2L7G-Y_8nBA?view_as=subscriber

↑こちらで「バスは待ってくれない」「MENTORING to GROWTH」といった書籍・教材の

ご紹介を(実は!)しています。

 

これまでは書籍・教材のご紹介がメインのチャンネルでしたが、

今回新たに「対談」の動画をアップしました。

「HRアワード2018」優秀賞・書籍『ティール組織』に関する対談です。

 

テーマは「なぜ、今、ティール組織なのか」

 

動画では『ティール組織』の解説者・嘉村賢州さんに登場いただいて、

ティール組織にまつわる様々なお話を伺っています。

 

現在第4回まで公開中です。

ここでは第1回、第2回の概要をざっとご紹介。

 

第1回 簡単に云うとティール組織とは(https://youtu.be/JMPh6BEljvc

・著者フレデリック・ラルーさんが『ティール組織』という書籍を執筆したいきさつ

・「ティール組織」の3つの特徴

についてのお話です。

 

第2回 ティール組織という考え方が生まれた経緯(https://youtu.be/jYPnSKm9Jhs

世の中にある「組織のかたち」について段階を追って説明。

嘉村さんが具体例を交えて非常に分かりやすく説明しています。

個人的には組織を「色で表す」という点がとてもユニークだと思います。

 

『ティール組織』を読んでみようと思っていらっしゃる方は、

この対談を予習代わりにぜひぜひご視聴ください!

 

また、嘉村さんが講師を務めるワークショップ(日本メンター協会と共催)も

3月18日(月)に開催予定です。

詳細:https://presstime.co.jp/op_seminar/teal_workshop/

こちらも参加をお待ちしております!

 

鈴木

ブログ開設のご案内

2019年より、プレスタイム・ホームページにて
ブログを開設しました!

弊社ホームページを訪れた方のお役に立てるよう、
日々つとめてまいります。

よろしくお付き合いください。

ブログ担当 古澤・鈴木 より